睡眠環境に気をつける

不眠症アロマ

 

数年前から寝つきが悪くなって睡眠薬も飲むようになった私ですが、それ以外にもしていることとしては、睡眠の環境を調節するようにしています。

 

枕を自分に合った物をオーダーメイドをして作ってもらい、布団は柔らかい羽根布団を購入しました。温度にも気を配り、外からの音がうるさい時には耳栓をして寝るようにしています。

 

寝る前にはリラックスできるように心がけ、寝る前一時間はスマホを見ない、テレビを観ないということを心がけています。そういった物は刺激が強く、寝るのを妨げてしまうようです。

 

寝る時にはリラックス音楽をかけて、心地よい眠りが得られるようにということに気をつけています。

 

また寝られないからといって、翌日朝寝してしまうと生活リズムが狂うので、23時には寝て朝は7時には起きるという生活を毎日続けるようにしています。
そうすることによって、少しづつ眠りやすい日が増えてきたように思います。

 

ストレスが不眠に影響するということはとても多いので、昼間に自分がどのように生活するかということもとても大事になってきます。家事と育児であまり自分の時間が持てない日々なのですが、その中でも小さな楽しみを見つけてそれを大事にできるようにしながら、ストレスを解消できるようにも気をつけています。

関連ページ

睡眠薬より効くアロマテラピー
子供の頃から、決まった時間に眠ることが苦痛でした。朝、なかなか起きられないため早く寝かされるのですが、大体すぐに寝られません。
不眠症について
不眠症で悩んでいる人は意外と多いと思います。ですが、最近は不眠で悩む人の不眠の原因もいろいろあります。では、最近い多い不眠症の原因は何かというと、最近はパソコンやスマホの画面をを寝る直前まで見ていて不眠症になっている人も多いです。
睡眠薬を飲んで、睡眠を確保する
第一子を産んで夜間に授乳する生活をして、睡眠が思うようにとれなくなったことをきっかけに不眠症になりました。最初は自分で何とかしようと生活習慣を見直したりしていましたが、なかなか改善されず、次第に疲れがたまっていき、鬱のような症状が出始めてきました。