睡眠薬を飲んで、睡眠を確保する

不眠症アロマ

 

第一子を産んで夜間に授乳する生活をして、睡眠が思うようにとれなくなったことをきっかけに不眠症になりました。最初は自分で何とかしようと生活習慣を見直したりしていましたが、なかなか改善されず、次第に疲れがたまっていき、鬱のような症状が出始めてきました。

 

そのことに危険を感じ、心療内科に行き不眠について相談をしました。
私はその時鬱一歩手前になっていたようで、睡眠薬を内服しながら、睡眠を確保していくようにしましょうという話になりました。

 

マイスリーという睡眠薬を内服すると寝つきが良くなり、翌朝に眠気を持ち越すこともなく過ごせるようになりました。睡眠薬はお酒などに頼るよりはずっと健康的とのことですし、副作用が気になるにしても、必要な時には内服して眠れる環境を整えていった方が良いようです。

 

私はマイスリーを飲むことによって、それまで寝つきに2時間ぐらいかかっていたのが改善され、気持ちとしても楽になりました。翌日の活動が全然違ってきますし、眠りを確保することがとても大事だということを強く実感しました。

 

マイスリーは副作用も少ない睡眠薬ですし、安全性にも気をつけているようなので、安心して続けていっても良いという言葉をもらっています。

関連ページ

睡眠薬より効くアロマテラピー
子供の頃から、決まった時間に眠ることが苦痛でした。朝、なかなか起きられないため早く寝かされるのですが、大体すぐに寝られません。
睡眠環境に気をつける
数年前から寝つきが悪くなって睡眠薬も飲むようになった私ですが、それ以外にもしていることとしては、睡眠の環境を調節するようにしています。
不眠症について
不眠症で悩んでいる人は意外と多いと思います。ですが、最近は不眠で悩む人の不眠の原因もいろいろあります。では、最近い多い不眠症の原因は何かというと、最近はパソコンやスマホの画面をを寝る直前まで見ていて不眠症になっている人も多いです。