不眠症の症状を軽くする方法

不眠症

 

現在の日本はブラック企業やブラックバイトなどの言葉がよく聞かれる様に、労働環境が劣悪になっています。それに伴い不眠症などの症状で悩んでいる人々の数も増えているそうです。

 

私の友人も不眠症になっており、寝れないことが一番辛いと話していました。実は他でもない私自身も現在不眠症です。病院から睡眠薬を処方してもらっていますが、焦って寝ようとしてしまうと余計に目が覚めてしまい眠りにつくのが朝方になることもあります。

 

そこで今回は睡眠薬をしている私が更によく眠れる状態になる方法をいくつか紹介しようと思います。まず最初にアロマテラピーを活用する方法です。アロマテラピーには入眠効果があります。

 

入眠効果については以下のサイトをご覧ください。
不眠症改善ドットコム|対策・克服方法など

 

実際、自分の部屋を自分のリラックスできる香りにしてしまうと心が落ち着きます。ちなみに私の好きな香りはローズウッドです。お気に入りの香りは十人十色で違ってきますので、お店に足を運んで実際にサンプルを嗅いでみることをお勧めします。次に無理に寝ようとしないことです。

 

睡眠薬を飲んでも寝れないときは本を読んだりDVDを見たりして私は過ごしています。しばらくすると少し眠くなるときが来ますので、そのとき床に入れば良い訳です。眠くもないのに床に入って力んで寝ようとしても逆効果です。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連ページ

睡眠薬より効くアロマテラピー
子供の頃から、決まった時間に眠ることが苦痛でした。朝、なかなか起きられないため早く寝かされるのですが、大体すぐに寝られません。
睡眠環境に気をつける
数年前から寝つきが悪くなって睡眠薬も飲むようになった私ですが、それ以外にもしていることとしては、睡眠の環境を調節するようにしています。
不眠症について
不眠症で悩んでいる人は意外と多いと思います。ですが、最近は不眠で悩む人の不眠の原因もいろいろあります。では、最近い多い不眠症の原因は何かというと、最近はパソコンやスマホの画面をを寝る直前まで見ていて不眠症になっている人も多いです。
睡眠薬を飲んで、睡眠を確保する
第一子を産んで夜間に授乳する生活をして、睡眠が思うようにとれなくなったことをきっかけに不眠症になりました。最初は自分で何とかしようと生活習慣を見直したりしていましたが、なかなか改善されず、次第に疲れがたまっていき、鬱のような症状が出始めてきました。